ツネイシクラフト&ファシリティーズ、2015年度安全大会を開催 | ニュース|ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社
HOME > ニュース > ツネイシクラフト&ファシリティーズ、2015年度安全大会を開催

ニュース

ツネイシクラフト&ファシリティーズ、2015年度安全大会を開催

2015年7月7日

ツネイシクラフト&ファシリティーズ

[CSR] [企業動向]

ツネイシクラフト&ファシリティーズ、2015年度安全大会を開催

神原潤社長による安全宣言

ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社(本社:広島県尾道市浦崎町1471番地8、代表取締役:神原潤)は、第88回全国安全週間がスタートした2015年7月1日、労働災害防止の重要性を認識し、 安全活動の着実な実行を図るため、毎年恒例の「安全大会」を開催しました。今年も全従業員が参加し、社長による安全宣言、社内安全標語表彰などを実施しました。

・ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社
http://www.tsuneishi-fc.com

神原潤社長は、「今年は、皆さんと取り組んできた労働安全衛生マネジメントシステムの確立、声かけの励行およびコミュニケーションの充実に重点をおいた活動を実施します。作業時のみならず、日々の声かけによる仲間意識の醸成をお願いします。そして、仲間から重篤災害を出さない、出させないを徹底し、災害ゼロを目指してがんばりましょう」と話しました。

また、125点の応募があった安全標語は、伊東和太相談役の「気を抜くな 慣れと油断がけがの元 みんなで守ろう安全職場」が最優秀作品として選ばれ、表彰されました。そして、全員で社内安全標語を唱和し、最後に「ご安全に」で締めくくりました。

ツネイシクラフト&ファシリティーズでは安全週間の1週間、5S(整理・整頓・清潔・清掃・躾)実践の日、安全パトロールの日、家庭で安全を考える日、リフレッシュデー、緊急時の措置に係る訓練実施の日などを設け、安全意識の向上をはかります。

■ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社について
ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社は、2010年12月に広島県尾道市に設立した会社で、同月末にツネイシホールディング株式会社よりアルミ船建造および修繕事業・総合建設事業・救命艇事業を引継ぎ、事業を行っています。
人と人とのつながりを大切に、「自然との共生」を目指し、事業を通じ皆さまのお役に立てるよう、取り組んでいます。

URL:http://www.tsuneishi-fc.com/
本社所在地:〒720-0551 広島県尾道市浦崎町1471番地8
代表取締役:神原潤
事業内容:アルミ(軽合金)製船舶建造・修理、救命艇保守点検、総合建設業
設立:2010年12月
従業員数:44名
クラフト工場【建築面積】:2,982.09平方メートル
主要設備:引き上げ架台 49m×499G/T、30t/15tクレーン×2 他
建造実績船種:旅客船、漁業取締船など

- 本件に関するお問い合わせ先 -
ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社
TEL:0848-73-5282 FAX:0848-73-5323