ツネイシクラフト&ファシリティーズが建造した旅客船兼自動車渡船「みとよ」竣工・引渡 ~バリアフリー、緊急車両運搬で島の生活を支える~ | ニュース|ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社
HOME > ニュース > ツネイシクラフト&ファシリティーズが建造した旅客船兼自動車渡船「みとよ」竣工・引渡 ~バリアフリー、緊急車両運搬で島の生活を支える~

ニュース

ツネイシクラフト&ファシリティーズが建造した旅客船兼自動車渡船「みとよ」竣工・引渡 ~バリアフリー、緊急車両運搬で島の生活を支える~

2016年9月15日

ツネイシクラフト&ファシリティーズ

[製品]

ツネイシクラフト&ファシリティーズが建造した旅客船兼自動車渡船「みとよ」竣工・引渡 ~バリアフリー、緊急車両運搬で島の生活を支える~

「みとよ」

ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社(本社:広島県尾道市浦崎町1471番地8、代表取締役:神原潤)は2016年9月1日、粟島汽船株式会社向け19総トン型アルミ合金製の旅客船兼自動車渡船「みとよ」を竣工し、船主に引き渡しました。

今回竣工した「みとよ」は、香川県三豊市須田港と粟島港の間を定期就航し、観光客や地域住民の移動手段として利用されます。粟島の生活に欠かせない海上交通手段として、乗り心地の良さや安全性を高める工夫を施した船型です。船内は段差の少ないバリアフリー設計で、乗船時の体への負担を軽減します。また、旅客のほかに車両1台を乗せることが可能で、カーフェリーとしても活躍します。車両乗降時の喫水変化を低減する構造を備え、車両の安全で円滑な積載を実現。粟島における火災などの緊急時には、島に配備されていない消防車を運搬することで、迅速な消火活動や人命救助に貢献します。

ツネイシクラフト&ファシリティーズは今後も、建造船の安全性、耐航性、推進性などを高めるほか、利用者や運航者の使い勝手の良さを実現する船づくりを進めていきます。

・ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社
http://www.tsuneishi-fc.com/

■「みとよ」について 
船種:アルミ合金製 旅客船兼自動車渡船
船名:みとよ
全長:19.9メートル
船幅:4.4メートル
深さ:1.4メートル
総トン数:19トン
航海速力:15ノット
建造工場:ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社

■ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社
ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社は、アルミ船建造および修繕事業・総合建設事業・救命艇事業を行っています。事業を通じて海上交通や暮らしの安全性、快適性を追及することで、人と人とのつながりを大切にした「自然との共生」を目指しています。

本社所在地:〒720‒0551 広島県尾道市浦崎町1471番地8
代表取締役社長:神原 潤
事業内容:アルミ(軽合金)製船舶建造・修理、救命艇保守点検、総合建設業
設立:2010年12月
資本金:5,000万円
従業員:44名(2015年12月末時点)
クラフト工場【建築面積】:2,982.09平方メートル
主要設備:引き上げ架台 49m×499G/T、30t/15tクレーン×2 他
建造実績船種:旅客船、漁業取締船など
URL:http://www.tsuneishi-fc.com/

- 本件に関するお問い合わせ先 -
ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社
経営管理部
TEL:0848‒73‒5282 FAX:0848‒73‒5323
pr@tsuneishi.com