地域の教育機関と人材育成で連携、社員が福山職業能力開発短大で2年間学ぶ | ニュース|ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社
HOME > ニュース > 地域の教育機関と人材育成で連携、社員が福山職業能力開発短大で2年間学ぶ

ニュース

地域の教育機関と人材育成で連携、社員が福山職業能力開発短大で2年間学ぶ

2018年3月20日

ツネイシクラフト&ファシリティーズ

[その他]

地域の教育機関と人材育成で連携、社員が福山職業能力開発短大で2年間学ぶ

社員が2年間就学した福山職業能力開発短期大学校

 ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社(本社:広島県尾道市浦崎町1471番地8、代表取締役:神原潤、以下TFC)はより高度な人材開発の一環として、2016年から福山職業能力開発短期大学校へ社員を就学させています。

 この取り組みは短期的なセミナーや研修といった類いのものではなく、通常の学生とまったく同様に2年間のカリキュラムに就学するものです。「ものづくりの宝庫」とも言われる、TFCが事業を営む備後地域の特色を活かし、産学連携を深め、郷土に根ざした実践的なエンジニアを育成する試みです。
 在学中は、知識や技術のみならず技能(実践能力)向上のため、授業(総合制作実習)の一環としてEV&ゼロハンカーレースに出場するなど、ゼロハンカーの設計・開発を通じて幅広い経験を積むことができ、ものづくりの楽しさを知ることができます。

・福山職業能力開発短期大学校 矢野昇平校長のコメント
「わが校は、地元の人材をお預かりし、教育訓練を通じて育成し、高度なものづくり人材として地元の企業へ送り出す“地産地就(ちさんちしゅう)”をスローガンとし、地元企業との連携を重視していますので今回の取り組みを非常に歓迎しております。教育訓練においては知識・技術はもちろんのこと有効な“技能”を習得することを目指しており、ものづくりの現場を持つTFC様からの就学は双方にとって有益だったと思います。今後も常石グループ様と様々な分野で連携し、地域の発展に貢献したいと考えています」

 TFCは今後も、地域の活性化と人材育成を両立する試みに取り組んでいきます。

■ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社
アルミ船建造および修繕事業・総合建設事業・救命艇事業を行っています。事業を通じて海上交通や暮らしの安全性、快適性を追及することで、人と人とのつながりを大切にした「自然との共生」を目指しています。

URL:http://www.tsuneishi-fc.com/
代表取締役社長:神原 潤
事業内容:アルミ(軽合金)製船舶建造・修理、救命艇保守点検、総合建設業

- 本件に関するお問い合わせ先 -
ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社
経営管理部
TEL:0848‒73‒5282 FAX:0848‒73‒5323