国内最大の国際海事展「Sea Japan 2018」パネルディスカッションに神原社長が登壇しました | ニュース|ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社
HOME > ニュース > 国内最大の国際海事展「Sea Japan 2018」パネルディスカッションに神原社長が登壇しました

ニュース

国内最大の国際海事展「Sea Japan 2018」パネルディスカッションに神原社長が登壇しました

2018年4月18日

ツネイシクラフト&ファシリティーズ

[調査・報告]

国内最大の国際海事展「Sea Japan 2018」パネルディスカッションに神原社長が登壇しました

パネルディスカッションに登壇する神原潤取締役社長

 ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社(本社:広島県尾道市浦崎町1471番地8、代表取締役:神原潤)は、4月11日(水)から13日(金)まで東京ビックサイトで開催された国際展示会「Sea Japan 2018」に出展参加し、パネルディスカッション『一般社団法人日本中小型造船工業会セミナー』では、神原潤取締役社長が登壇しました。

 海事都市尾道推進協議会と共に、環境型社会に適した素材のアルミニウム合金で建造した旅客船や電気推進船、津波シェルターを紹介しました。また、パネルディスカッションでは、船型・技術開発、人材確保・育成、地域貢献などについて、他のパネリストと共に考え、様々な角度から業界の未来のあり方を熱く語りました。

● Sea Japan 2018 ●
会期:2018年4月11日(水)~13日(金) 10:00~17:00
会場:東京ビックサイト 東5・6ホール ツネイシクラフト&ファシリティーズ出展ブース:U-39
パネルディスカッション:
『一般社団法人日本中小型船工業会セミナー』
― 業界の次世代リーダーが語る中小造船業の未来 ―

■ ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社について
アルミ船建造および修繕のクラフト事業・建設事業・救命艇事業を行っています。事業を通じて海上交通や暮らしの安全性、快適性を追及することで人々に快適な暮らしを提供し、未来と調和した新たな取り組みに挑戦しています。

URL:http://www.tsuneishi-fc.com/
代表取締役社長:神原 潤
事業内容: アルミ(軽合金)製船舶建造・修理、総合建築業、救命艇保守点検
設立: 2010年12月
資本金: 5,000万円
従業員: 52人(2017年12月末時点)
建造実績船種: 旅客船、漁業取締船など
関連会社: 株式会社ティエフシー http://touhoku-fc.com/

- 本件に関するお問い合わせ先 -
ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社
経営管理部
TEL:0848‒73‒5282 FAX:0848‒73‒5323